平成28年10月2日に河北新報に掲載された記事について

 弊社が宮城県および白石市から受託した緊急雇用創出事業におきまして、人件費を不正取得する意図をもって制度を悪用した事実はございません。
 同記事の人件費不正受給という、あたかも弊社が詐欺的行為を働いたかのような記載は事実無根です。
 しかしながら、弊社が緊急雇用創出事業によって雇用した契約社員の一部を、弊社子会社である株式会社GFCに、農作業上の緊急の必要性に伴う臨時的な措置として数日間派遣し、GFCの業務を支援させたことは事実です。
 これは、緊急雇用創出事業に関する手続や契約内容に関する解釈を誤り、不適切な対応をとったものといえ、今後このようなことのないよう、従業員管理を徹底する所存です。
 なお、宮城県および白石市には、以前から事実関係をすべて報告済みであり、県および市の判断を待っているところです。今後も、県および市の指示に従って対応してまいります。
 また、同記事には、弊社が「ワンピース」や「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメ制作の実績があるという記載もありましたが、これも誤りであり、河北新報社には訂正を申し入れております。
 この度は、関係各位にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

平成28年10月3日
株式会社旭プロダクション
代表取締役 山浦 宗春